Monochrome Kajuen - Gotou Jun, Momijidani Nozomi, Kaneshiro Sora Lyrics



歌詞: モノクローム果樹園
歌手: 五島潤(大野柚布子)、紅葉谷希美(遠藤ゆりか)、金城そら(古賀葵)
アニメ: 天使の3P!
Lyrics: Monochrome Kajuen
Singer: Gotou Jun (Oono Yuuko), Momijidani Nozomi (Endou Yurika), Kaneshiro Sora (Koga Aoi)
Anime: Tenshi no 3P!

Shikakui hako de iki wo suru chooku no oto ga hibiku gogo
四角い箱で息をする チョークの音が響く午後
nurui kuuki ga doku no you ni nodo ni haifu ni karamitsuku
ぬるい空気が毒のように 喉に肺腑にからみつく

Monokuro no fuku wo kiserarete
モノクロの服を着せられて
kiritsu kokkara hami den na to
規律 こっからハミ出んなと
isshokuta kanshi ni nebumisare shukka no reeru noru no sa
一緒くた監視に値踏みされ出荷のレール乗るのさ

Douse kachi nado tsukanai to
どうせ価値などつかないと
michi wo hazureru tsuyosa mo naku
道を外れる強さもなく
petari harareru baakoodo wo
ぺたり貼られるバーコードを
matteru no mo... sorosoro akiakishiteta
待ってるのも…そろそろ飽き飽きしてた

Choudo sonna koroai datta moratoriamu na okujou de
ちょうどそんな頃合いだった モラトリアムな屋上で
kedaruku nekoze gimi no se de kimi wa dokoka wo nagameteta
気だるく猫背気味の背で キミはどこかを眺めてた

Otoshimono nara shokuin shitsu da yo
落し物なら職員室だよ
baka ni sunna to kiita ki ga shita
バカにすんなと聞いた気がした
mirengamashii sono yubi wo saku kara hagashite tta
未練がましいその指を 棚から剥がしてった

Soshite itsushika tonariatte
そしていつしか隣り合って
kudaranai jooku nagete kaeshita
くだらないジョーク投げて返した
kusaru sunzen datta boku no shin wa kizuitara kirei ni natteita
腐る寸前だった僕の芯は気づいたら 綺麗になっていた
futatsu kisetsu ga meguru koro
ふたつ季節が巡るころ
itsumo no you ni sabi kaidan wo
いつものように錆び階段を
oto wo tatete nobotta saki de
音を立てて登った先で
matteta no wa... hitosoroi no kutsu datta
待ってたのは…一揃いの靴だった

Sora wo hirugaeru sentakumono ni
空を翻る洗濯物に
nite hi naru kage wo kobosanai you ni
似て非なる影を こぼさないように
tsukamaeta
つかまえた

Donna kachi yori omotai mono ni
どんな価値より重たいものに
itami ude ga gishigishi natta
痛み腕がぎしぎし鳴った
tsuchi ni ochitara mou modorenai
土に落ちたらもう戻れない
sasenai sa... jiyuu ni nante mada
させないさ…自由になんてまだ

Aojiroi sono hoho to kokoro ga
青白いその頬と心が
semete akaku irozuku made wa
せめて赤く色づくまでは
berutokonbeaa no ue ni ite yo
ベルトコンベアーの上にいてよ
ikanai de...
行かないで…

Kimi wa unazuite naita
キミはうなづいて泣いた
Shikakui hako de iki wo suru chooku no oto ga hibiku gogo
nurui kuuki ga doku no you ni nodo ni haifu ni karamitsuku

Monokuro no fuku wo kiserarete
kiritsu kokkara hami den na to
isshokuta kanshi ni nebumisare shukka no reeru noru no sa

Douse kachi nado tsukanai to
michi wo hazureru tsuyosa mo naku
petari harareru baakoodo wo
matteru no mo... sorosoro akiakishiteta

Choudo sonna koroai datta moratoriamu na okujou de
kedaruku nekoze gimi no se de kimi wa dokoka wo nagameteta

Otoshimono nara shokuin shitsu da yo
baka ni sunna to kiita ki ga shita
mirengamashii sono yubi wo saku kara hagashite tta

Soshite itsushika tonariatte
kudaranai jooku nagete kaeshita
kusaru sunzen datta boku no shin wa kizuitara kirei ni natteita
futatsu kisetsu ga meguru koro
itsumo no you ni sabi kaidan wo
oto wo tatete nobotta saki de
matteta no wa... hitosoroi no kutsu datta

Sora wo hirugaeru sentakumono ni
nite hi naru kage wo kobosanai you ni
tsukamaeta

Donna kachi yori omotai mono ni
itami ude ga gishigishi natta
tsuchi ni ochitara mou modorenai
sasenai sa... jiyuu ni nante mada

Aojiroi sono hoho to kokoro ga
semete akaku irozuku made wa
berutokonbeaa no ue ni ite yo
ikanai de...

Kimi wa unazuite naita
四角い箱で息をする チョークの音が響く午後
ぬるい空気が毒のように 喉に肺腑にからみつく

モノクロの服を着せられて
規律 こっからハミ出んなと
一緒くた監視に値踏みされ出荷のレール乗るのさ

どうせ価値などつかないと
道を外れる強さもなく
ぺたり貼られるバーコードを
待ってるのも…そろそろ飽き飽きしてた

ちょうどそんな頃合いだった モラトリアムな屋上で
気だるく猫背気味の背で キミはどこかを眺めてた

落し物なら職員室だよ
バカにすんなと聞いた気がした
未練がましいその指を 棚から剥がしてった

そしていつしか隣り合って
くだらないジョーク投げて返した
腐る寸前だった僕の芯は気づいたら 綺麗になっていた
ふたつ季節が巡るころ
いつものように錆び階段を
音を立てて登った先で
待ってたのは…一揃いの靴だった

空を翻る洗濯物に
似て非なる影を こぼさないように
つかまえた

どんな価値より重たいものに
痛み腕がぎしぎし鳴った
土に落ちたらもう戻れない
させないさ…自由になんてまだ

青白いその頬と心が
せめて赤く色づくまでは
ベルトコンベアーの上にいてよ
行かないで…

キミはうなづいて泣いた