Tamashii - Gin Minowa Lyrics



歌詞: たましい
歌手: 三ノ輪銀(花守ゆみり)
アニメ: 結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-
Lyrics: Tamashii
Singer: Gin Minowa (Yumiri Hanamori)
Anime: Yuuki Yuuna wa Yuusha de Aru: Washio Sumi no Shou

Nan no tame umarete kita ka nante
なんのため 生まれてきたかなんて
kitto saigo made mou wakaranai kamo shirenai deshou
きっと最後までもう分からないかもしれないでしょう
moshimo moshimo mirai no kimi ga naku to shitemo
もしも もしも 未来の君が泣くとしても
potsuri potsuri furikaerazu yuku darou na
ぽつり ぽつり 振り返らず行くだろうな

Ibitsu datta togatta ishikoro korogari
歪だった 尖った石ころ転がり
ame ni utare chiisaku maruku natta
雨に打たれ 小さく丸くなった

Mata ne tte kimi wo mite sou tsubuyaite
またねって 君を見てそう呟いて
ashita e no michishirube wo tadotte aruita
明日への道しるべを辿って歩いた
mienakutemo kikoenakutemo
見えなくても 聞こえなくても
soredemo soredemo kanjirareru you na nukumori wo
それでも それでも感じられるような温もりを
kitto hito wa shiawase to yobu yo
きっと人はしあわせと呼ぶよ

Nande kana sayonara no toki wa kuru
なんでかな さよならの時はくる
ano hi iki wo shinai kotori wo kakaete furueta
あの日 息をしない小鳥を抱えて震えた
marude marude saisho kara sou datta you ni
まるで まるで 最初からそうだったように
sotto sotto yawarakai hane kaze ni yureta
そっと そっと 柔らかい羽 風に揺れた

Tsukiakari poutto ukande nijindeku
月明かりぽうっと浮かんで滲んでく
tobitobi no kioku wa sora ni tadayou
飛び飛びの記憶は空に漂う

Mata ne tte kimi mo mata itta ki ga shite
またねって君もまた言った気がして
oboroge na eien demo shinjite irareta
おぼろげな永遠でも信じていられた
tookutemo todokanakutemo
遠くても 届かなくても
koko kara koko kara okuri tsuzukeru yo
ここから ここから送り続けるよ
namida wo kakushita kimi e kimi e no tayori wo
涙を隠した 君へ 君への便りを

Kono tamashii ni kizamareta no wa
このたましいに刻まれたのは
itai hodo shimikomu shiawase de
痛いほど染み込むしあわせで
owari wo mita toki
終わりを見たとき
jibun ni owari ga kuru to daremo omowanakatta
自分に終わりがくると誰も思わなかった

Mata ne tte kimi wo mite sou tsubuyaite
またねって 君を見てそう呟いて
ashita e no michishirube wo tadotte aruita
明日への道しるべを辿って歩いた
mienakutemo kikoenakutemo
見えなくても 聞こえなくても
soredemo soredemo kanjirareru yo
それでも それでも感じられるよ
kimi ga kureta fukai nukumori wo
君がくれた深い温もりを

Mata ne tte kimi mo mata itta ki ga shite
またねって君もまた言った気がして
oboroge na eien demo shinjite irareta
おぼろげな永遠でも信じていられた
tookutemo todokanakutemo
遠くても 届かなくても
koko kara koko kara okuri tsuzukeru yo
ここから ここから送り続けるよ
namida wo kakushita kimi e kimi e no tayori wo
涙を隠した 君へ 君への便りを

Daijoubu samishiku natta toki wa
大丈夫 さみしくなった時は
hitomi wo tojireba sugu kimi ni ai ni yuku kara
瞳を閉じればすぐ君に会いに行くから
Nan no tame umarete kita ka nante
kitto saigo made mou wakaranai kamo shirenai deshou
moshimo moshimo mirai no kimi ga naku to shitemo
potsuri potsuri furikaerazu yuku darou na

Ibitsu datta togatta ishikoro korogari
ame ni utare chiisaku maruku natta

Mata ne tte kimi wo mite sou tsubuyaite
ashita e no michishirube wo tadotte aruita
mienakutemo kikoenakutemo
soredemo soredemo kanjirareru you na nukumori wo
kitto hito wa shiawase to yobu yo

Nande kana sayonara no toki wa kuru
ano hi iki wo shinai kotori wo kakaete furueta
marude marude saisho kara sou datta you ni
sotto sotto yawarakai hane kaze ni yureta

Tsukiakari poutto ukande nijindeku
tobitobi no kioku wa sora ni tadayou

Mata ne tte kimi mo mata itta ki ga shite
oboroge na eien demo shinjite irareta
tookutemo todokanakutemo
koko kara koko kara okuri tsuzukeru yo
namida wo kakushita kimi e kimi e no tayori wo

Kono tamashii ni kizamareta no wa
itai hodo shimikomu shiawase de
owari wo mita toki
jibun ni owari ga kuru to daremo omowanakatta

Mata ne tte kimi wo mite sou tsubuyaite
ashita e no michishirube wo tadotte aruita
mienakutemo kikoenakutemo
soredemo soredemo kanjirareru yo
kimi ga kureta fukai nukumori wo

Mata ne tte kimi mo mata itta ki ga shite
oboroge na eien demo shinjite irareta
tookutemo todokanakutemo
koko kara koko kara okuri tsuzukeru yo
namida wo kakushita kimi e kimi e no tayori wo

Daijoubu samishiku natta toki wa
hitomi wo tojireba sugu kimi ni ai ni yuku kara
なんのため 生まれてきたかなんて
きっと最後までもう分からないかもしれないでしょう
もしも もしも 未来の君が泣くとしても
ぽつり ぽつり 振り返らず行くだろうな

歪だった 尖った石ころ転がり
雨に打たれ 小さく丸くなった

またねって 君を見てそう呟いて
明日への道しるべを辿って歩いた
見えなくても 聞こえなくても
それでも それでも感じられるような温もりを
きっと人はしあわせと呼ぶよ

なんでかな さよならの時はくる
あの日 息をしない小鳥を抱えて震えた
まるで まるで 最初からそうだったように
そっと そっと 柔らかい羽 風に揺れた

月明かりぽうっと浮かんで滲んでく
飛び飛びの記憶は空に漂う

またねって君もまた言った気がして
おぼろげな永遠でも信じていられた
遠くても 届かなくても
ここから ここから送り続けるよ
涙を隠した 君へ 君への便りを

このたましいに刻まれたのは
痛いほど染み込むしあわせで
終わりを見たとき
自分に終わりがくると誰も思わなかった

またねって 君を見てそう呟いて
明日への道しるべを辿って歩いた
見えなくても 聞こえなくても
それでも それでも感じられるよ
君がくれた深い温もりを

またねって君もまた言った気がして
おぼろげな永遠でも信じていられた
遠くても 届かなくても
ここから ここから送り続けるよ
涙を隠した 君へ 君への便りを

大丈夫 さみしくなった時は
瞳を閉じればすぐ君に会いに行くから