Illusion Garden - Pandora Lyrics



歌詞: Illusion Garden
歌手: パンドラ(水樹奈々)
アニメ: 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
Lyrics: Illusion Garden
Singer: Pandora (Nana Mizuki)
Anime: Saint Seiya: The Lost Canvas - Meiou Shinwa

Yuganda sora ni kanaderu koware kaketa hoshi no shirabe
歪んだ空に奏でる 壊れかけた星の調
nureta hitomi wa hakanaku awai tsuki wo utsushiteiru
濡れた瞳は儚く 淡い月を映している
futashika na michi wo terasu hikari wa mada mienai mama
不確かな道を照らす 光はまだ見えないまま
owaranai meiro no naka nozomu wa chijou no shuuen
終わらない迷路の中 望むは地上の終焉

Subete wo kowasu koto wo nozomu naraba
全てを壊すことを望むならば
saigo no toki wo futari de mukaeyou
最後の時を二人で迎えよう
nidoto modoranu sekai demo ii tada
二度と戻らぬ世界でもいい ただ
ima anata no tame kono mi wo sasageru
今貴方の為 この身を捧げる

Nakushite shimatta kokoro no itami wo kakushite
無くしてしまった心の痛みを隠して
towa no gensou ni mi wo yudaneyou
永遠(とわ)の幻想に身を委ねよう
hoho wo tsutai nagare ochita shizuku ni mune kogashitemo
頬を伝い流れ落ちた 滴に胸焦がしても
ima koko ni iru toki wo shinjite...
今此処に居る時を 信じて…

Ano hi kara kono sekai wa kusunda haiiro ni somatta
あの日からこの世界は くすんだ灰色に染まった
itsuka kizanda kioku no keshiki wa mou mienakatta
いつか刻んだ記憶の 景色はもう見えなかった

Kuzure ochi yuku kinou wo mitsumete
崩れ落ちゆく 昨日を見つめて
setsuna wo urei kodoku wo kanjiru
刹那を憂い 孤独を感じる
tada hitotsu dake tashika na kotae wa
唯一つだけ 確かな答えは
anata e no omoi todoite kureru to
貴方への想い 届いてくれると

Yokubou no nami ni nomarete deguchi wo nakushita
欲望の波に飲まれて 出口を無くした
owaranai yume ni sainamarete
終わらない夢に 苛まれて
kurikaesu ayamachi no naka hibiku koe wo saegiru
繰り返す過ちの中 響く声を遮る
kono basho ga rakuen da to shinjite...
この場所が楽園だと 信じて…

Tsumetaku nigotta fukai yami no soko
冷たく濁った 深い闇の底
kagi wo nakushite samayoi tsuzukeru
鍵を無くして 彷徨い続ける
kono mi ga kuchihate horobi yuku toki wa
この身が朽ち果て 滅びゆく時は
anata no ude no naka de nemuritai
貴方の腕の中で 眠りたい

Nakushite shimatta kokoro no itami wo kakushite
無くしてしまった心の痛みを隠して
towa no gensou ni mi wo yudaneyou
永遠(とわ)の幻想に身を委ねよう
hoho wo tsutai nagare ochita shizuku ni mune kogashitemo
頬を伝い流れ落ちた 滴に胸焦がしても
ima koko ni iru toki wo
今此処に居る時を

Yokubou no nami ni nomarete deguchi wo nakushita
欲望の波に飲まれて 出口を無くした
owaranai yume ni sainamarete
終わらない夢に 苛まれて
kurikaesu ayamachi no naka hibiku koe wo saegiru
繰り返す過ちの中 響く声を遮る
kono basho ga rakuen da to shinjite...
この場所が楽園だと 信じて…
Yuganda sora ni kanaderu koware kaketa hoshi no shirabe
nureta hitomi wa hakanaku awai tsuki wo utsushiteiru
futashika na michi wo terasu hikari wa mada mienai mama
owaranai meiro no naka nozomu wa chijou no shuuen

Subete wo kowasu koto wo nozomu naraba
saigo no toki wo futari de mukaeyou
nidoto modoranu sekai demo ii tada
ima anata no tame kono mi wo sasageru

Nakushite shimatta kokoro no itami wo kakushite
towa no gensou ni mi wo yudaneyou
hoho wo tsutai nagare ochita shizuku ni mune kogashitemo
ima koko ni iru toki wo shinjite...

Ano hi kara kono sekai wa kusunda haiiro ni somatta
itsuka kizanda kioku no keshiki wa mou mienakatta

Kuzure ochi yuku kinou wo mitsumete
setsuna wo urei kodoku wo kanjiru
tada hitotsu dake tashika na kotae wa
anata e no omoi todoite kureru to

Yokubou no nami ni nomarete deguchi wo nakushita
owaranai yume ni sainamarete
kurikaesu ayamachi no naka hibiku koe wo saegiru
kono basho ga rakuen da to shinjite...

Tsumetaku nigotta fukai yami no soko
kagi wo nakushite samayoi tsuzukeru
kono mi ga kuchihate horobi yuku toki wa
anata no ude no naka de nemuritai

Nakushite shimatta kokoro no itami wo kakushite
towa no gensou ni mi wo yudaneyou
hoho wo tsutai nagare ochita shizuku ni mune kogashitemo
ima koko ni iru toki wo

Yokubou no nami ni nomarete deguchi wo nakushita
owaranai yume ni sainamarete
kurikaesu ayamachi no naka hibiku koe wo saegiru
kono basho ga rakuen da to shinjite...
歪んだ空に奏でる 壊れかけた星の調
濡れた瞳は儚く 淡い月を映している
不確かな道を照らす 光はまだ見えないまま
終わらない迷路の中 望むは地上の終焉

全てを壊すことを望むならば
最後の時を二人で迎えよう
二度と戻らぬ世界でもいい ただ
今貴方の為 この身を捧げる

無くしてしまった心の痛みを隠して
永遠(とわ)の幻想に身を委ねよう
頬を伝い流れ落ちた 滴に胸焦がしても
今此処に居る時を 信じて…

あの日からこの世界は くすんだ灰色に染まった
いつか刻んだ記憶の 景色はもう見えなかった

崩れ落ちゆく 昨日を見つめて
刹那を憂い 孤独を感じる
唯一つだけ 確かな答えは
貴方への想い 届いてくれると

欲望の波に飲まれて 出口を無くした
終わらない夢に 苛まれて
繰り返す過ちの中 響く声を遮る
この場所が楽園だと 信じて…

冷たく濁った 深い闇の底
鍵を無くして 彷徨い続ける
この身が朽ち果て 滅びゆく時は
貴方の腕の中で 眠りたい

無くしてしまった心の痛みを隠して
永遠(とわ)の幻想に身を委ねよう
頬を伝い流れ落ちた 滴に胸焦がしても
今此処に居る時を

欲望の波に飲まれて 出口を無くした
終わらない夢に 苛まれて
繰り返す過ちの中 響く声を遮る
この場所が楽園だと 信じて…