Akane Sasu - Aimer Lyrics



歌詞: 茜さす
歌手: Aimer
アニメ: 夏目友人帳 伍
Lyrics: Akane Sasu
Singer: Aimer
Anime: Natsume Yuujinchou Go

Kareha mau machikado wo kakenuketeku kawaita kaze
枯れ葉舞う町角を 駆け抜けてく乾いた風
nobita kage to ichou namiki kisetsu wo mitetakatta
伸びた影とイチョウ並木 季節を見てたかった

Henji no nai yobu koe wa atto iu ma kakikesarete shimau
返事のない呼ぶ声は あっという間 かき消されてしまう
menukidoori hitonami nukete dokoka tooku daremo inai basho e
目抜き通り 人波抜けて どこか遠く 誰もいない場所へ

Kizuiteita noni nanimo shiranai furi
気付いていたのに 何も知らないふり
hitorikiri dewa nanimo dekinakatta
一人きりでは 何もできなかった

Deaeta maboroshi ni sayonara wo akane sasu kono sora ni
出会えた幻にさよならを 茜さす この空に
koboreta yowasa ni te no hira wo ichirin no adabana sonna fuu ni
零れた弱さに手のひらを 一輪の徒花 そんなふうに
negai kanae itami wo shiru
願い叶え 痛みを知る

Wataridori no naku koe mo akaku somaru kumo ni kiete shimau
渡り鳥の鳴く声も 赤く染まる雲に消えてしまう
kaerimichi mo tooku hanarete ima wa hitori daremo inai basho de
帰り道も遠く離れて 今は一人 誰もいない場所で

Kizuita keshiki no iro ni fureta to shitemo
気付いた景色の色にふれたとしても
hitorikiri dewa koe mo dasenakatta
一人きりでは 声も出せなかった

Aishita maboroshi ni kuchizuke wo tasogareta kono sora ni
愛した幻に口づけを 黄昏れた この空に
mada yuube no hoshi tomoranai machi yoi mo oboroge tsuki wa doko ni
まだ夕べの星灯らない 待ち宵も朧げ 月は何処に
hikisakarete itami wo shiru
引き裂かれて 痛みを知る

Kurikaesu hibi no naka de sagashiteta no wa
くり返す日々の中で探してたのは
arukitsuzukeru tame no negai
歩き続けるための願い

Deaeta maboroshi ni sayonara wo akogare wa kono sora ni
出会えた幻にさよならを 憧れは この空に
nagareta tsukihi wo te no hira ni hitohira no hanabira sonna fuu ni
流れた月日を手のひらに 一片の花弁 そんなふうに
itami kasane deai wo shiru
痛み重ね 出会いを知る

Deai kasane negai wo shiru
出会い重ね 願いを知る
Kareha mau machikado wo kakenuketeku kawaita kaze
nobita kage to ichou namiki kisetsu wo mitetakatta

Henji no nai yobu koe wa atto iu ma kakikesarete shimau
menukidoori hitonami nukete dokoka tooku daremo inai basho e

Kizuiteita noni nanimo shiranai furi
hitorikiri dewa nanimo dekinakatta

Deaeta maboroshi ni sayonara wo akane sasu kono sora ni
koboreta yowasa ni te no hira wo ichirin no adabana sonna fuu ni
negai kanae itami wo shiru

Wataridori no naku koe mo akaku somaru kumo ni kiete shimau
kaerimichi mo tooku hanarete ima wa hitori daremo inai basho de

Kizuita keshiki no iro ni fureta to shitemo
hitorikiri dewa koe mo dasenakatta

Aishita maboroshi ni kuchizuke wo tasogareta kono sora ni
mada yuube no hoshi tomoranai machi yoi mo oboroge tsuki wa doko ni
hikisakarete itami wo shiru

Kurikaesu hibi no naka de sagashiteta no wa
arukitsuzukeru tame no negai

Deaeta maboroshi ni sayonara wo akogare wa kono sora ni
nagareta tsukihi wo te no hira ni hitohira no hanabira sonna fuu ni
itami kasane deai wo shiru

Deai kasane negai wo shiru
枯れ葉舞う町角を 駆け抜けてく乾いた風
伸びた影とイチョウ並木 季節を見てたかった

返事のない呼ぶ声は あっという間 かき消されてしまう
目抜き通り 人波抜けて どこか遠く 誰もいない場所へ

気付いていたのに 何も知らないふり
一人きりでは 何もできなかった

出会えた幻にさよならを 茜さす この空に
零れた弱さに手のひらを 一輪の徒花 そんなふうに
願い叶え 痛みを知る

渡り鳥の鳴く声も 赤く染まる雲に消えてしまう
帰り道も遠く離れて 今は一人 誰もいない場所で

気付いた景色の色にふれたとしても
一人きりでは 声も出せなかった

愛した幻に口づけを 黄昏れた この空に
まだ夕べの星灯らない 待ち宵も朧げ 月は何処に
引き裂かれて 痛みを知る

くり返す日々の中で探してたのは
歩き続けるための願い

出会えた幻にさよならを 憧れは この空に
流れた月日を手のひらに 一片の花弁 そんなふうに
痛み重ね 出会いを知る

出会い重ね 願いを知る