Seishun wa Zankoku ja nai - Natsuki Hanae Lyrics



歌詞: 青春は残酷じゃない
歌手: 花江夏樹
アニメ: 斉木楠雄のΨ難
Lyrics: Seishun wa Zankoku ja nai
Singer: Natsuki Hanae
Anime: Saiki Kusuo no Ψ-nan

Hoka no hito to wa chigatteta kimi no mawari no iro wa
他の人とは違ってた 君の周りの色は
aimai ni hohoende sotto me wo sorashita
あいまいに微笑んで そっと目をそらした

Yasashii uso nara ii to ruuru wo kimeteita
優しい嘘ならいいとルールを決めていた
sore ni kimi wa ki ga tsuiteita
それに君は気がついていた
kimi ga ki ga tsuiteiru koto ni boku mo ki ga tsuiteita
君が気がついていることに僕も 気がついていた

Kizutsuketaku wa nai keredo kimi wo motto shiritai
傷つけたくはないけれど 君をもっと知りたい
hontou no koto wa itsumo me no oku ni aru
本当のことはいつも 目の奥にある
kizutsukitaku wa nai keredo boku wo shitte hoshii yo
傷つきたくはないけれど 僕を知ってほしいよ
seishun wa zankoku ja nai me wo awasete yo
青春は残酷じゃない 目を合わせてよ

Sakana no mure ga hirugaeru kou wa ikirarenai na
魚の群れが翻る こうは生きられないな
utsukushisa wo konkyo ni subete handan shiteta
美しさを根拠に 全て判断してた

Nani wo kangaeteru no fushigi na hyoujou de
何を考えてるの 不思議な表情で
biidama ga korogatteiku
ビー玉が転がっていく
doko e yuku kamo wakaranai keredo kagayaiteita
どこへ行くかも分からないけれど 輝いていた

Asase no mizu wo sukutte hikari ni kazashite
浅瀬の水をすくって 光にかざして
hontou no kimochi itsumo toumei datta
本当の気持ちいつも 透明だった
yumemi gachi na bokura wa utagai mo shinaide
夢見がちな僕らは 疑いもしないで
seishun wo shinjikitteta umi mo minaide
青春を信じきってた 海も見ないで

Kowaresou kowashisou sayonara ga nigate nano wa
壊れそう 壊しそう さよならが苦手なのは
kizutsukeru igai no houhou ga wakaranai kara sa
傷つける以外の方法が 分からないからさ

Otagai onaji toki ni onaji koto omotta
お互い同じときに同じこと思った
jitsu wa chotto kurai wa aishou yokatta kamo ne
実はちょっとくらいは 相性よかったかもね

Hontou no koto zenbu kimi ni tsutaerareta
本当のこと全部 君に伝えられた
dakara seishun wa zankoku ja nai
だから 青春は残酷じゃない
datte kirei datta
だってきれいだった
katte kamo shirenai kedo
勝手かも知れないけど
kagayaiteita
輝いていた
Hoka no hito to wa chigatteta kimi no mawari no iro wa
aimai ni hohoende sotto me wo sorashita

Yasashii uso nara ii to ruuru wo kimeteita
sore ni kimi wa kigatsuiteita
kimi ga ki ga tsuiteiru koto ni boku mo ki ga tsuiteita

Kizutsuketaku wa nai keredo kimi wo motto shiritai
hontou no koto wa itsumo me no oku ni aru
kizutsukitaku wa nai keredo boku wo shitte hoshii yo
seishun wa zankoku ja nai me wo awasete yo

Sakana no mure ga hirugaeru kou wa ikirarenai na
utsukushisa wo konkyo ni subete handan shiteta

Nani wo kangaeteru no fushigi na hyoujou de
biidama ga korogatteiku
doko e yuku kamo wakaranai keredo kagayaiteita

Asase no mizu wo sukutte hikari ni kazashite
hontou no kimochi itsumo toumei datta
yumemi gachi na bokura wa utagai mo shinaide
seishun wo shinjikitteta umi mo minaide

Kowaresou kowashisou sayonara ga nigate nano wa
kizutsukeru igai no houhou ga wakaranai kara sa

Otagai onaji toki ni onaji koto omotta
jitsu wa chotto kurai wa aishou yokatta kamo ne

Hontou no koto zenbu kimi ni tsutaerareta
dakara seishun wa zankoku ja nai
datte kirei datta
katte kamo shirenai kedo
kagayaiteita
他の人とは違ってた 君の周りの色は
あいまいに微笑んで そっと目をそらした

優しい嘘ならいいとルールを決めていた
それに君は気がついていた
君が気がついていることに僕も 気がついていた

傷つけたくはないけれど 君をもっと知りたい
本当のことはいつも 目の奥にある
傷つきたくはないけれど 僕を知ってほしいよ
青春は残酷じゃない 目を合わせてよ

魚の群れが翻る こうは生きられないな
美しさを根拠に 全て判断してた

何を考えてるの 不思議な表情で
ビー玉が転がっていく
どこへ行くかも分からないけれど 輝いていた

浅瀬の水をすくって 光にかざして
本当の気持ちいつも 透明だった
夢見がちな僕らは 疑いもしないで
青春を信じきってた 海も見ないで

壊れそう 壊しそう さよならが苦手なのは
傷つける以外の方法が 分からないからさ

お互い同じときに同じこと思った
実はちょっとくらいは 相性よかったかもね

本当のこと全部 君に伝えられた
だから 青春は残酷じゃない
だってきれいだった
勝手かも知れないけど
輝いていた