Rain - SID Lyrics



歌詞: Rain
歌手: シド
アニメ: 鋼の錬金術師
Lyrics: Rain
Singer: SID
Anime: Fullmetal Alchemist

Rokugatsu no uso me no mae no hontou sepia ni shimaikomi
六月の嘘 目の前の本当 セピアにしまいこみ
yorisou toka nukumori toka wakaranaku natteta
寄り添うとか 温もりとか わからなくなってた

"Kimi wa hitori de heiki dakara... ne" to oshitsukete sayonara
「君はひとりで平気だから…ね」と 押しつけて さよなら
sono tagui no kiyasume nara kiki akita hazu na noni
その類の気休めなら 聞き飽きた筈なのに

Nariyamanai yousha nai omoide tachi wa yurushite kuresou ni mo nai
鳴り止まない 容赦ない思い出たちは 許してくれそうにもない
me wo tojireba ikioi wa masu bakari de toomaki de kimi ga warau
目を閉じれば 勢いは増すばかりで 遠巻きで 君が笑う

Ame wa itsuka yamu no deshou ka zuibun nagai aida tsumetai
雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん長い間 冷たい
ame wa doushite boku wo erabu no nigeba no nai boku wo erabu no
雨は どうして僕を選ぶの 逃げ場のない 僕を選ぶの

Yatto mitsuketa atarashii asa wa tsukihi ga jama wo suru
やっと見つけた 新しい朝は 月日が邪魔をする
mukau saki wa "tsugi" ja nakute "sugi" bakari oikaketa
向かう先は 「次」じゃなくて 「過」ばかり追いかけた

Nagusame kara kikkake wo kureta kimi to urameshiku kowagari na boku
慰めから きっかけをくれた君と 恨めしく 怖がりな僕
soro soro kana tesaguri tsukareta hoho wo kattou ga koboreochiru
そろそろかな 手探り 疲れた頬を 葛藤がこぼれ落ちる

Kako wo shiri tagaranai hitomi arainagashite kureru yubi
過去を知りたがらない瞳 洗い流してくれる指
yasashii hohaba de iyasu kizuato todokisou de todokanai kyori
優しい歩幅で 癒す傷跡 届きそうで 届かない距離

Ame wa itsuka yamu no deshou ka zuibun nagai aida tsumetai
雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん長い間 冷たい
ame wa doushite boku wo erabu no tsutsumarete ii kana
雨は どうして僕を選ぶの 包まれて いいかな

Ame wa yamu koto wo shirazu ni kyou mo furitsuzuku keredo
雨は 止むことを知らずに 今日も降り続くけれど
sotto sashidashita kasa no naka de nukumori ni yorisoi nagara
そっと 差し出した傘の中で 温もりに 寄り添いながら
Rokugatsu no uso me no mae no hontou sepia ni shimaikomi
yorisou toka nukumori toka wakaranaku natteta

"Kimi wa hitori de heiki dakara... ne" to oshitsukete sayonara
sono tagui no kiyasume nara kiki akita hazu na noni

Nariyamanai yousha nai omoide tachi wa yurushite kuresou ni mo nai
me wo tojireba ikioi wa masu bakari de toomaki de kimi ga warau

Ame wa itsuka yamu no deshou ka zuibun nagai aida tsumetai
ame wa doushite boku wo erabu no nigeba no nai boku wo erabu no

Yatto mitsuketa atarashii asa wa tsukihi ga jama wo suru
mukau saki wa "tsugi" ja nakute "sugi" bakari oikaketa

Nagusame kara kikkake wo kureta kimi to urameshiku kowagari na boku
soro soro kana tesaguri tsukareta hoho wo kattou ga koboreochiru

Kako wo shiri tagaranai hitomi arainagashite kureru yubi
yasashii hohaba de iyasu kizuato todokisou de todokanai kyori

Ame wa itsuka yamu no deshou ka zuibun nagai aida tsumetai
ame wa doushite boku wo erabu no tsutsumarete ii kana

Ame wa yamu koto wo shirazu ni kyou mo furitsuzuku keredo
sotto sashidashita kasa no naka de nukumori ni yorisoi nagara
六月の嘘 目の前の本当 セピアにしまいこみ
寄り添うとか 温もりとか わからなくなってた

「君はひとりで平気だから…ね」と 押しつけて さよなら
その類の気休めなら 聞き飽きた筈なのに

鳴り止まない 容赦ない思い出たちは 許してくれそうにもない
目を閉じれば 勢いは増すばかりで 遠巻きで 君が笑う

雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん長い間 冷たい
雨は どうして僕を選ぶの 逃げ場のない 僕を選ぶの

やっと見つけた 新しい朝は 月日が邪魔をする
向かう先は 「次」じゃなくて 「過」ばかり追いかけた

慰めから きっかけをくれた君と 恨めしく 怖がりな僕
そろそろかな 手探り 疲れた頬を 葛藤がこぼれ落ちる

過去を知りたがらない瞳 洗い流してくれる指
優しい歩幅で 癒す傷跡 届きそうで 届かない距離

雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん長い間 冷たい
雨は どうして僕を選ぶの 包まれて いいかな

雨は 止むことを知らずに 今日も降り続くけれど
そっと 差し出した傘の中で 温もりに 寄り添いながら