Yakusoku - Lia Lyrics



歌詞: 約束
歌手: Lia
アニメ: クラナド
Lyrics: Yakusoku
Singer: Lia
Anime: Clannad

Maichiru hana ga yuki e to kawari
舞い散る花が雪へと変わり
owari no nai yume ni mayou
終わりのない夢に迷う
eien to iu kodoku no naka de
永遠と言う孤独の中で
koideita pedaru wa omokute
漕いでいたペダルは重くて

Sakamichi wo noboreba ano hi no uta ga
坂道を登れば あの日の歌が
kikoeru yasashii hizashi
聞こえる 優しい陽射し

Yakusoku wo ikutsumo tsumuide hiraita
約束を幾つも紡いで開いた
egao ni mata deaeru
笑顔に また出逢える
sasayaka na nukumori tashika na omoi wo
ささやかな温もり 確かな想いを
tsunaida kisetsu ga me wo samasu
つないだ 季節が目を覚ます

Fukinukeru kaze amaoto ni nari
吹き抜ける風 雨音になり
mizu no soko ni shizunde yuku
水の底に沈んでゆく
katachi sae nai kouya no mukou
形さえない荒野の向こう
nanimo nai sekai wa hajimaru
何もない世界は始まる

Aoi umi miereba shiroi omokage
蒼い海見えれば 白い面影
yureteru itoshii keshiki
揺れてる 愛しい景色

Yakusoku ga haruka na sora kara hibiite
約束が遥かな空から響いて
negai no koe ga todoku
願いの声が届く
adokenai kotoba ni karanda kizuna ni
あどけない言葉に絡んだ絆に
kasanaru kagayaku hohoemi ga
重なる 輝く微笑みが

Matteiru sekai no hate de itsumo...
待っている 世界の果てで いつも・・・

Yakusoku wo ikutsumo tsumuide hiraita
約束を幾つも紡いで開いた
egao ni mata deaeru
笑顔に また出逢える
sasayaka na nukumori tashika na omoi wo
ささやかな温もり 確かな想いを
tsunaida kisetsu ga me wo samasu
つないだ 季節が目を覚ます
Maichiru hana ga yuki e to kawari
owari no nai yume ni mayou
eien to iu kodoku no naka de
koideita pedaru wa omokute

Sakamichi wo noboreba ano hi no uta ga
kikoeru yasashii hizashi

Yakusoku wo ikutsumo tsumuide hiraita
egao ni mata deaeru
sasayaka na nukumori tashika na omoi wo
tsunaida kisetsu ga me wo samasu

Fukinukeru kaze amaoto ni nari
mizu no soko ni shizunde yuku
katachi sae nai kouya no mukou
nanimo nai sekai wa hajimaru

Aoi umi miereba shiroi omokage
yureteru itoshii keshiki

Yakusoku ga haruka na sora kara hibiite
negai no koe ga todoku
adokenai kotoba ni karanda kizuna ni
kasanaru kagayaku hohoemi ga

Matteiru sekai no hate de itsumo...

Yakusoku wo ikutsumo tsumuide hiraita
egao ni mata deaeru
sasayaka na nukumori tashika na omoi wo
tsunaida kisetsu ga me wo samasu
舞い散る花が雪へと変わり
終わりのない夢に迷う
永遠と言う孤独の中で
漕いでいたペダルは重くて

坂道を登れば あの日の歌が
聞こえる 優しい陽射し

約束を幾つも紡いで開いた
笑顔に また出逢える
ささやかな温もり 確かな想いを
つないだ 季節が目を覚ます

吹き抜ける風 雨音になり
水の底に沈んでゆく
形さえない荒野の向こう
何もない世界は始まる

蒼い海見えれば 白い面影
揺れてる 愛しい景色

約束が遥かな空から響いて
願いの声が届く
あどけない言葉に絡んだ絆に
重なる 輝く微笑みが

待っている 世界の果てで いつも・・・

約束を幾つも紡いで開いた
笑顔に また出逢える
ささやかな温もり 確かな想いを
つないだ 季節が目を覚ます