Hajimari no Sokudo - Sangatsu no Phantasia Lyrics



歌詞: はじまりの速度
歌手: 三月のパンタシア
アニメ: キズナイーバー
Lyrics: Hajimari no Sokudo
Singer: Sangatsu no Phantasia
Anime: Kiznaiver


Kizutsuku no ga kowai
傷つくのがこわい
dakara mienai sora hitasura hitei shite
だから見えない空ひたすら否定して
ano hi no heya de hiza kakaeteta boku no
あの日の部屋で膝かかえてた僕の
mado wo hora kimi ga aketanda
窓をほら君が開けたんだ

Natsukusa ga sawagu michi kakedasu kimi to boku
夏草がさわぐ道 駆けだす君と僕
tsunagu te no hira asebande fuzakete waratta
繋ぐ手のひら汗ばんでふざけて笑った

Kimi no ne kuyashisa omou tabi
君のね 悔しさ思うたび
nakitaku naru no wa doushite darou?
泣きたくなるのはどうしてだろう?
hitori ja nai kara koso no shirushi da to shita nara
一人じゃないからこその印だとしたなら
kono itami wo dakishimetai yo
この痛みを抱きしめたいよ

Gyakkou de mienai senaka ni
逆光で見えない背中に
"todoiteru?" chiisaku yobikakete mita
「とどいてる?」 小さく呼びかけてみた
furikaeru kimi no kami ga fuwari yureru
ふりかえる君の髪がふわり揺れる
sono sokudo wo mune ni tashika ni kizanda
その速度を胸にたしかに刻んだ

Kimi ga boku ni kureta kotoba
君が僕にくれた言葉
ima sono hitotsu hitotsu wo omoidasu
今 その一つ一つを思いだす
fuan ga afure nemurenai yoru sae
不安があふれ眠れない夜さえ
fushigi da ne raku ni narerunda
不思議だね 楽になれるんだ

Kumorizora mienu hoshi kazoeru kimi no koe
曇り空見えぬ星 数える君の声
mabuta no ura ni yukkuri to matataki ukanda
瞼の裏にゆっくりと瞬き浮かんだ

Kimi no ne hitomi no oku ni aru
君のね 瞳の奥にある
hontou no boku no namae wo oshiete yo
本当の僕の名前を教えてよ
chakasu kimi no te ga hoho ni fuwari fureru
ちゃかす君の手が頬にふわり触れる
sono ondo wo tojikometai to negatta
その温度をとじこめたいと願った

Kokoro no migihashi kimi ga boku no na wo
心の右端 君が僕の名を
yonde kuretara itsudatte boku wa hashiru
呼んでくれたらいつだって僕は走る
hashiru yo hadashi demo kamawanai kara
走るよ 裸足でもかまわないから
kizutsuitatte kosurikiretatte
傷ついたって擦りきれたって
kamawanai kara hashitteiku kara......
かまわないから走っていくから……

Kimi no ne kakaeta kanashimi
君のね 抱えた悲しみ
hanbun de ii boku ni wakete yo
半分でいい 僕にわけてよ
shinjiaeru kara koso no akashi da to shita nara
信じあえるからこその証だとしたなら
kono itami wa boku no hokori da
この痛みは僕の誇りだ

Gyakkou de mienai mirai ni
逆光で見えない未来に
"mattete ne" ookiku yobikakete mita
「待っててね」 大きく呼びかけてみた
furikaeru kimi no kami ga fuwari yureru
ふりかえる君の髪がふわり揺れる
sono sokudo wo mune ni tashika ni kizanda
その速度を胸にたしかに刻んだ
Kizutsuku no ga kowai
dakara mienai sora hitasura hitei shite
ano hi no heya de hiza kakaeteta boku no
mado wo hora kimi ga aketanda

Natsukusa ga sawagu michi kakedasu kimi to boku
tsunagu te no hira asebande fuzakete waratta

Kimi no ne kuyashisa omou tabi
nakitaku naru no wa doushite darou?
hitori ja nai kara koso no shirushi da to shita nara
kono itami wo dakishimetai yo

Gyakkou de mienai senaka ni
"todoiteru?" chiisaku yobikakete mita
furikaeru kimi no kami ga fuwari yureru
sono sokudo wo mune ni tashika ni kizanda

Kimi ga boku ni kureta kotoba
ima sono hitotsu hitotsu wo omoidasu
fuan ga afure nemurenai yoru sae
fushigi da ne raku ni narerunda

Kumorizora mienu hoshi kazoeru kimi no koe
mabuta no ura ni yukkuri to matataki ukanda

Kimi no ne hitomi no oku ni aru
hontou no boku no namae wo oshiete yo
chakasu kimi no te ga hoho ni fuwari fureru
sono ondo wo tojikometai to negatta

Kokoro no migihashi kimi ga boku no na wo
yonde kuretara itsudatte boku wa hashiru
hashiru yo hadashi demo kamawanai kara
kizutsuitatte kosurikiretatte
kamawanai kara hashitteiku kara......

Kimi no ne kakaeta kanashimi
hanbun de ii boku ni wakete yo
shinjiaeru kara koso no akashi da to shita nara
kono itami wa boku no hokori da

Gyakkou de mienai mirai ni
"mattete ne" ookiku yobikakete mita
furikaeru kimi no kami ga fuwari yureru
sono sokudo wo mune ni tashika ni kizanda
傷つくのがこわい
だから見えない空ひたすら否定して
あの日の部屋で膝かかえてた僕の
窓をほら君が開けたんだ

夏草がさわぐ道 駆けだす君と僕
繋ぐ手のひら汗ばんでふざけて笑った

君のね 悔しさ思うたび
泣きたくなるのはどうしてだろう?
一人じゃないからこその印だとしたなら
この痛みを抱きしめたいよ

逆光で見えない背中に
「とどいてる?」 小さく呼びかけてみた
ふりかえる君の髪がふわり揺れる
その速度を胸にたしかに刻んだ

君が僕にくれた言葉
今 その一つ一つを思いだす
不安があふれ眠れない夜さえ
不思議だね 楽になれるんだ

曇り空見えぬ星 数える君の声
瞼の裏にゆっくりと瞬き浮かんだ

君のね 瞳の奥にある
本当の僕の名前を教えてよ
ちゃかす君の手が頬にふわり触れる
その温度をとじこめたいと願った

心の右端 君が僕の名を
呼んでくれたらいつだって僕は走る
走るよ 裸足でもかまわないから
傷ついたって擦りきれたって
かまわないから走っていくから……

君のね 抱えた悲しみ
半分でいい 僕にわけてよ
信じあえるからこその証だとしたなら
この痛みは僕の誇りだ

逆光で見えない未来に
「待っててね」 大きく呼びかけてみた
ふりかえる君の髪がふわり揺れる
その速度を胸にたしかに刻んだ