Chiisana Te no Hira - riya Lyrics



歌詞: 小さなてのひら
歌手: riya
ビジュアルノベル: クラナド
Lyrics: Chiisana Te no Hira
Singer: riya
Visual Novel: Clannad

Tooku de tooku de yureteru inaho no umi
遠くで遠くで揺れてる稲穂の海
ho wo age ho wo age mezashita omoide e to
帆を上げ帆を上げ目指した思い出へと
bokura wa kyou made no kanashii koto zenbu oboeteru ka, wasureta ka
僕らは今日までの悲しいこと全部覚えてるか、忘れたか

Chiisana te ni mo itsu kara ka bokura oikoshiteku tsuyosa
小さな手にもいつからか僕ら追い越してく強さ
ureta budou no shita naiteta hi kara aruita
熟れた葡萄の下泣いてた日から歩いた
chiisana te demo hanaretemo bokura wa kono michi yukunda
小さな手でも離れても僕らはこの道ゆくんだ
itsuka kuru hi wa ichiban no omoide wo shimatte
いつかくる日は一番の思い出を仕舞って

Kisetsu wa utsuri mou tsumetai kaze ga
季節は移り もう冷たい風が
tsutsumarete nemure ano haru no uta no naka de
包まれて眠れ あの春の歌の中で

Chiisana te ni mo itsu kara ka bokura oikoshiteku tsuyosa
小さな手にもいつからか僕ら追い越してく強さ
nureta hoho ni wa dore dake no egao ga utsutta
濡れた頬にはどれだけの笑顔が映った
chiisana te demo hanaretemo bokura wa kono michi yukunda
小さな手でも離れても僕らはこの道ゆくんだ
soshite kuru hi wa bokura mo omoide wo shimatta
そしてくる日は僕らも思い出を仕舞った

Chiisana te demo itsu no hi ka bokura oikoshite yukunda
小さな手でもいつの日か僕ら追い越してゆくんだ
yagate kuru hi wa atarashii kisetsu wo hiraita
やがてくる日は新しい季節を開いた
Tooku de tooku de yureteru inaho no umi
ho wo age ho wo age mezashita omoide e to
bokura wa kyou made no kanashii koto zenbu oboeteru ka, wasureta ka

Chiisana te ni mo itsu kara ka bokura oikoshiteku tsuyosa
ureta budou no shita naiteta hi kara aruita
chiisana te demo hanaretemo bokura wa kono michi yukunda
itsuka kuru hi wa ichiban no omoide wo shimatte

Kisetsu wa utsuri mou tsumetai kaze ga
tsutsumarete nemure ano haru no uta no naka de

Chiisana te ni mo itsu kara ka bokura oikoshiteku tsuyosa
nureta hoho ni wa dore dake no egao ga utsutta
chiisana te demo hanaretemo bokura wa kono michi yukunda
soshite kuru hi wa bokura mo omoide wo shimatta

Chiisana te demo itsu no hi ka bokura oikoshite yukunda
yagate kuru hi wa atarashii kisetsu wo hiraita
遠くで遠くで揺れてる稲穂の海
帆を上げ帆を上げ目指した思い出へと
僕らは今日までの悲しいこと全部覚えてるか、忘れたか

小さな手にもいつからか僕ら追い越してく強さ
熟れた葡萄の下泣いてた日から歩いた
小さな手でも離れても僕らはこの道ゆくんだ
いつかくる日は一番の思い出を仕舞って

季節は移り もう冷たい風が
包まれて眠れ あの春の歌の中で

小さな手にもいつからか僕ら追い越してく強さ
濡れた頬にはどれだけの笑顔が映った
小さな手でも離れても僕らはこの道ゆくんだ
そしてくる日は僕らも思い出を仕舞った

小さな手でもいつの日か僕ら追い越してゆくんだ
やがてくる日は新しい季節を開いた