Natsu wo Matteimashita - amazarashi Lyrics



歌詞: 夏を待っていました
歌手: amazarashi
Lyrics: Natsu wo Matteimashita
Singer: amazarashi

Kimi wa mada oboeteru kana osanai koro no atsui rokugatsu haisen ni natta senro wo bokura wa doko made mo aruita
君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 廃線になった線路を 僕等はどこまでも歩いた
noriki de suitou nanka wo burasagete kita masatoshi wa ojichan ni katte moratta maunten baiku wo jiman shita
乗り気で水筒なんかを ぶら下げてきた雅敏は おじちゃんに買ってもらったマウンテンバイクを自慢した

"Kedo na ore wa ojichan ga kirai nanda kaachan wo itsumo nakasete bakari iru kara"
「けどな 俺はおじちゃんが嫌いなんだ 母ちゃんをいつも泣かせてばかりいるから」
boku wa nandaka kimazuku natte me wo sorashitanda masatoshi no kao ni ookina aoaza ga atta kara
僕は何だか気まずくなって 目をそらしたんだ 雅敏の顔に大きな青痣があったから

Furidashita yuudachi ni hashiridasu tsubureta mujineki de ameyadori ashita wa nani shite asatte wa nani shite
降りだした夕立に走りだす つぶれた無人駅で雨宿り 明日は何して明後日は何して
kudaranai hanashi de waraikorogeru arashi no yokan ni mune ga takanaru ano toki bokura minna wa tashika ni
くだらない話で笑い転げる 嵐の予感に胸が高鳴る あの時僕ら皆は確かに
natsu wo matteimashita
夏を待っていました

Koko ni itakunai tte no to dokoka ni ikitai tte no wa onnaji imi nano kana nannishiro arukou ka
ここに居たくないってのと どこかに行きたいってのは 同じ意味なのかな なんにしろ歩こうか
taiiku to bukatsu ga nani yori nigate na yasuhito wa toutou hiza wo kakaete kou tsubuyaita
体育と部活が何より苦手な靖人は とうとう膝を抱えてこう呟いた
"boku wa itsumo minna ni oitekibori de hontou ni dame na yatsu de gomen na"
「僕はいつも皆に置いてきぼりで 本当にダメなやつでごめんな」
bokura wa nandaka waratte shimatta tsurarete yasuhito mo namida me de waratta
僕らはなんだか笑ってしまった つられて靖人も涙目で笑った

Se no takai natsukusa de kakurenbo oni wa semarikuru jikan no nagare mou iikai mada da yo tte sakenda yo
背の高い夏草でかくれんぼ 鬼は迫り来る時間の流れ もういいかいまだだよって叫んだよ
boku wa ima mo mitsukaranai mama de ano toki to onnaji hiza wo kakaete heya kara aoi sora wo miagete
僕は今も見つからないままで あの時と同じ膝をかかえて 部屋から青い空を見上げて
natsu wo matteimashita
夏を待っていました

Shinchou ga takakute kenka ga tsuyoi taihei wa itsumo mucha na asobi wo omoitsuku
身長が高くて喧嘩が強い 太平はいつも無茶な遊びを思いつく
"kono tekkyou ni ichiban nagaku burasagatta yatsu no iu koto wa nandemo kikanakya dame da ze"
「この鉄橋に一番 長くぶら下がったやつの 言うことは何でも聞かなきゃダメだぜ」
bokura wa bibitte dekinakatta kedo taihei wa heiki na kao de burasagaru
僕らはびびって出来なかったけど 太平は平気な顔でぶら下がる
shichi nen go ni taihei wa biru kara tobiorita sonna yuuki nara nai hou ga yokatta
7年後に太平はビルから飛び降りた そんな勇気なら無いほうが良かった

Kousou biru no shita de kakurenbo are kara nannen ga tatta darou mou iikai mada da yo tte koe mo nai
高層ビルの下でかくれんぼ あれから何年がたっただろう もういいかいまだだよって声もない
moshimo kyou ga ano hi no tsuzuki nara bokura no bouken wo tsuzukenakucha rokugatsu no sora wo boku wa miagete
もしも今日があの日の続きなら 僕らの冒険を続けなくちゃ 六月の空を僕は見上げて
natsu wo matteimashita
夏を待っていました